HOMEスタッフブログスタッフブログ一覧 >リノベーション完成見学会で発見!古き物を残す良さ

リノベーション完成見学会で発見!古き物を残す良さ

完成見学会 リノベーション 横浜市戸塚区 H様邸 漆喰 既存シューズボックス

 

2019.02.20

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

先週末に完成見学会を行ったリノベーション現場からです。

 

 

 

ご感想を頂いてますので、一部ご紹介します。

 

 

 

 

リノベーションで古い部分と新しい部分が混在してるって、変じゃないの?と思われていた来場者様。

 

横浜市戸塚区 H様邸 リノベーション 漆喰 無垢フローリング 無垢集成材ドア 床の間


確かに、リノベーションはアメ色に色付いた元々の木材や建具と


 

 

真新しい白木の木材、樹種の違いによる色の差など木の色味が混ざっているので、


 

 

どんな感じか、ちゃんと馴染むのか気になりますよね。


 

横浜市戸塚区 H様邸 リノベーション 漆喰 無垢フローリング 既存の食器棚 無垢集成材パソコンコーナー 無垢集成材ドア

左手が元からある食器棚。

右手が新しく作った無垢集成材のパソコンコーナー。

床は新しく無垢フローリングにしました。

横浜市戸塚区 H様邸 リノベーション 落し掛けの竹 移設 漆喰

床の間の落し掛けだった竹をLDK間の欄間に移動しました。

横浜市戸塚区 H様邸 リノベーション 漆喰 無垢フローリング 無垢集成材ドア ニッチ

元々の階段と新しい無垢集成材のドア。

床は新しく無垢フローリングにしました。

 

 実際に見てまわられてのご感想は、

 

 

「ひと部屋に木の色が色々混ざってても変じゃないんですね!

 

残した部分が、(取って付けたように)変じゃないっていうのが、よくわかって良かった。

 

実家の欄間もこんな風に残せたんだろうなぁ。」


 

と、このライブハウス流のリノベーションの古き物を残す良さを発見され、

 

 

とても納得されたご様子でした。

 

 

横浜市戸塚区 H様邸 リノベーション 床の間 漆喰 和紙の襖

 

 

まだまだ寒い中、お越しいただき、誠にありがとうございました。 

 

 

 

 

また完成見学会の機会がありましたら、こちらでご紹介いたしますので、

 

 

 

 

今回見送られた方は、ぜひ次回お越しくださいね。