スマホヘッダー

会社概要

会社概要

取締役 小松浩プロフィール ・(株)ライブハウスの沿革

第13回 無添加住宅代理店総会 秋田会長と小松

1964年 奈良県吉野郡天川村生まれ。

 

1983年 奈良県立吉野高校 建築科を卒業。

 

同年 ゼネコン(総合建設業)南海建設株式会社に入社。

 

弱冠18歳の私は、商業ビル、オフィスビルなど とにかく大きな建築物、大きな仕事に魅力を感じて、夢と希望を胸に故郷を飛び出し就職しました。

 

配属先は東京支店。

田舎者には大きすぎるビルが立ち並ぶ大都会。

 

山ばかりの田舎とのギャップの大きさに戸惑いながらも見知らぬ土地での生活や現場監督としての仕事にもようやく慣れ、ただがむしゃらに知識を吸収する3年間が過ぎた頃。

 

仕事は充実していましたが、営業部、設計部の指示だけを受け、作り終えるとすぐ次の現場に行きまた作る、という毎日に、少しずつ何とも言えぬ寂しさを覚え始めます。

 

 

 

お施主様にも実際に使う人にも直接会うことなく、感想も聞かぬまま終えていく日々…。

 

 

「お客様と直接会って要望を聞くことはできないのか?本当にお客様に喜ばれているのか自分の目で確認したい!」

 

という疑問と欲望が芽生え初めました。

 

 

とは言え、当時は若く一人では何もできないことはわかっていました。

 

 

「ゼネコンで5年間は修行する」

 

と心を決め、職人さんにもまれながらRC工法・鉄骨工法でのビル・マンション建設現場で昼夜問わず必死で働きました。

 

 

 

1988年 株式会社ヤマヒサ建築事業部が新規展開として求めていた、建築士が住宅営業をするセールスエンジニアというスタンスに大きな魅力を感じ、先輩の紹介を通じて入社。

 

大阪勤務となります。

 

 

お客様と直接会って打ち合わせし、要望に合わせて自分でプランを作っていく、そして完成時にはお客様と共に喜び合えるこの仕事に心底やりがいを感じ、営業設計という仕事を天職だと思うようになりました。

 

 

もちろん最初から順調に行ったわけではありません。

 

思いだすのも恥ずかしい失敗を沢山経験しながら腐らずに続けて行った結果、

 

「小松さんから買いたいと思った。」

「小松さんになら任せたい。」

 

次第にお客様からこんなありがたいお言葉を頂くことが増えていきます。

 

「やっぱり私はお客様の喜びの声、生の声を直接聴きたかったんだ!」

 

と心おどりながらも、しっかり信頼に答えなければと真摯に取り組んできました。

 

1991年 地道に歩んできた営業設計の成果が評価され、新規一斉オープンする大阪の花博記念公園住宅展示場の店長を任されます。

第13回 無添加住宅代理店総会 秋田会長と松山

 

この年、一生の友であり同僚でもある、松山 昌司(弊社専務)と出会うことになりました。

 

 

 その後、会社が大きくなり、営業・設計・監理が他社同様に分業制となっていきます。

 

 

この頃から、分業制である住宅メーカーでは出来ない、建築技術者が一物件一担当でプラン作成から完成まで手掛けられる会社をつくり、

 

「お客様と担当者、ともに喜びを分かち合える豊かな関係を築きたい!」

と強く望むようになります。

 

 

しかし、独立にはまだ力が足りないと踏みとどまりました。

 

 

 

1994年 注文住宅メーカー 三井ハウスの営業設計として兵庫県の神戸六甲住宅展示場の店長に招かれます。

 

木造在来工法の大スパンや大型物件・斜めやアールといった変形プラン・斜面土地や変形土地物件を担当することができ、この頃の技術は、今でもとても役立っています。

 

 

 

この後、住宅構造の中でまだ手掛けていないツーバイフォー工法を兵庫県の輸入住宅会社で2年間身に付けました。

 

 

 

松山と出会った後今日まで、行く先々の会社に松山を呼んできました。

「一緒に会社をやるならこいつとだ」と思えるまで信頼関係を築いてきたのです。

2021年現在、松山とは30年の付き合いになります。

 

 

 

色んな会社にお世話になり今日本にある住宅の構造全てを習得し、おこがましくはありますが設計の技術も自負できるまでになったと思いました。

 

一人ではできないことも、人の助けを借りればできるかもしれない。そしてその助け合える仲間も私にはいる。

 

いよいよ会社設立を目指し、どんな素材を扱う会社にしようか模索していたころ、松山の薦めで秋田ハウジングの秋田社長(故 (株)無添加住宅 秋田会長)に会います。

 

秋田社長は、松山の住宅メーカー時代の先輩で、その後も交流を深め深い繋がりを持ち続けていたのです。

 

 

秋田ハウジングの取り扱う商品は、どれも魅力的で大きな出会いになりました。

 

特に構造やプランにばかり目が行き、眼中になかった健康についての知識、商品群に圧倒され目から鱗の連続。

 

特に夏場のクールーフ屋根の現場で 2階の涼しさにカルチャーショックを受けてさらに興味を持ちますが、色んな材料を使いたかった当時の私には素材の一つとしての認識に終わりました。

 

 

1997年 大阪府吹田市で株式会社ライブハウス創業。

 

①会社創業の第一条件である、一物件一担当制

 

②柔軟性・プラン力・デザイン力を活かした100%オリジナル設計の注文住宅

 

③心から喜んで頂きたい、そのために最善を尽くす情熱

 

を強みに、それまでに培った技術で在来工法・ツーバイフォー・RC・鉄骨・・・と様々な建物を手掛け始めました。

 

 

どこにも提携することなく、紹介だけで順調に受注していましたが、会社を大きくしたことをきっかけに各物件に目が行き届かなくなり、お客様の満足度が下がった結果、紹介が減っていきました。

 

満足度が下がれば、紹介が減る。当然の結果です。

にわかには業績を取り戻すことができずにもう終わりかとどん底に落ち込み、今までを振り返り、社員を育てる難しさも含め何がいけなかったのか、目指す方向性は何なのか、初心に帰り考えをめぐらせる日々が続きました。

 

 

そのころ、秋田ハウジング 秋田社長から(株)無添加住宅を創業することを聞きます。

 

そして、再度秋田社長と話をするうちに、

18歳から今まで、新築現場では化学接着剤のシンナーのにおいで臭いのは当たり前、比較的安価でキレイな新建材で建てるのが普通だと疑いもせず信じていたことに、何か違うかもしれないと疑問を感じるようになりました。

 

新築した約25年後にはまた壊して建てなおす日本の家のシステムの現状、また健康と家とを切り離して考えていた今までは

 

「お客様が建てなおすことを本当に望んでおられるのか」

「健康と夢のマイホームを両立させること」

 

は正直、思い至ってはいませんでした。

 

 

多様な工法、独自のプランにこだわりお客様に喜んでいただいていたことに誇りを感じていた私ですが、

 

本当の意味で永くお客様に喜んでいただけるのは無添加住宅だ、

お客様に自信をもっておすすめすることができる、と(株)無添加住宅と代理店契約を検討。

 

自分の目の届く範囲でしっかりと、営業・設計・監理をすれば、件数が限られてくるのは当然です。

 

でもそうすれば、20歳前後から今まで何よりも望んできた直接お客様の喜んでいただける姿がこの目で見れるのです。

お客様と担当者、ともに喜びを分かち合える豊かな関係を築けるのです。

 

会社を大きくするよりも私にはそちらの方が大切だと、ようやく初心に帰ることができました。

 

無添加住宅 外観

2001年 株式会社無添加住宅創業とともに株式会社ライブハウスは一から出直す気持ちで無添加住宅正規代理店となります。

 

ライブハウスの4、5つ目の強みに、

 

④「身体に良くないものは使わない 無添加住宅」にこだわり続ける

 

⑤どこよりも無添加住宅を知る、「正規代理店 第一号店」としての実績と技術力

 

を加え、代理店第一号店として 苦楽を共にした信頼する職人と共にコツコツと関西で無添加住宅を手掛け始めました。

 

 

そこで初めて出会ったのは化学物質過敏症のお客様。

 

お家に使える材料を体調の良いときに一つ一つチェックしていただく作業から始めていきます。

 

そして、そのお客様が安心して住んでいただける家ができたときの喜びは、他には代えがたい心からの本当の喜びになりました。

 

無添加住宅にたずさわり、何らかの不調を訴えるお客様と一緒に家造りを進めていく中で、改めて家が健康に影響を与える大きさ、健康の大切さ、ありがたさを痛感しています。

 

2008年 地道に無添加住宅の建設実績を積み重ねながらも、まだまだ業績回復とまではいかなかった私たちに、当時 無添加住宅の実績の少なかった関東への移転を(株)無添加住宅から打診されます。

 

新卒初の勤務先が関東だったこともあり、全く知らない土地ではない安心感も手伝い、職人や家族を説得し、職人と共に活動拠点を大阪から横浜に移し関東で無添加住宅正規代理店として歩む道を選びました。

 

 

2014年 地道にお客様との信頼を築き上げることで、関東での業績も安定し、横浜市にショールーム開設。

 

 

もしもあの時、業績が下がっていなければ、どういう家を建ててお客様に喜んでもらいたいのか、真剣に考えることはなかったかもしれません。

それを想うと、どん底の経験も今に活きる大切なものとして受け入れていける、そんな気がします。

 

 

第13回 総会 受賞

2016年度 無添加住宅代理店総会にて 最優秀デザイン賞 特別部門で「最優秀賞」受賞

 

 

2016年度 無添加住宅代理店総会にて 最優秀デザイン賞 特別部門で「最優秀賞」受賞

 

2016年度 無添加住宅代理店総会にて 設計コンペ 「第1位」受賞

 

2017年度 無添加住宅代理店総会にて 無添加住宅 注文住宅部門「販売棟数 全国第3位」

 

2017年度 無添加住宅代理店総会にて デザインアワード「優秀賞」受賞

 

2018年度 無添加住宅代理店総会にて デザインアワード「ドリカム賞」受賞

 

2019年度 無添加住宅代理店総会は新型コロナ拡大防止のため 開催中止(無添加住宅デザインアワードは2018年度で終了しました。)


2021年 ベストアワード 資材最高購入物件



2021年現在も神奈川県横浜市を中心に幅広い地域を施工エリアとして、無添加住宅の建築を通して、お客様に長く喜んでいただける健康な住環境を提供し続けています。

【 小松浩から一言 】

 

時代がかわり築年数がたっても、子や孫、誰かが大切にし続けてくれる家とは、これからも残したいと思える長く愛されるデザインの家なのではないでしょうか。

 

そして、その家を人と環境に優しい長持ちする素材で造ることで、年々素晴らしい経年変化を重ねていきより大切に住み続けて頂けるアンティークな住まいになっていくでしょう。

 

しっくいや、無垢材、石屋根といった化学物質を使用しない本物の素材は長持ちするだけでなく、空気をきれいにしたり、湿度を調節したり、屋根裏から涼しくしたりと、この家にいると体の調子がいい、気分がいい、と心身の健康にも役立つ家になるのです。昔の人の知恵は理に適っているのですね。

 

そのデザインと素材の相乗効果があってこそ本当に永く愛される家を造ることができると私は考えます。

 

また、本物の素材のお手入れは昔の人がそうして維持してきたように、自分でできることが多々あります。自分でお手入れすることで愛着も湧いてくるでしょう。

 

私たちは 使い捨てではない永きに渡り愛される家造りを目指しています。

 

それは無添加住宅だから実現できると信じています。

 

流行り廃りのある素材、真新しいピカピカの化学製品は価格も手ごろで10年20年ほどは美しく保てますが、時代と共に色褪せ、使い捨てられていきます。

 

勿論良い物も開発されていますが、ただ購買意欲を高めるだけの新商品もあるのでは、と思います。

 

昨今、永きに渡り愛されて使用されている物、本物が見直される、そんな時代が来ています。

 

子供や孫に長く引き継ぐことができる、新築時や万が一解体するときにも環境に負担を掛けない、住宅業界が循環可能な業界になることを小さい会社ながらも目指しています。

 

無添加住宅で家を建てる、それがその一歩になると信じ取り組んでいます。

 

私が自信をもってお勧めできる無添加住宅で、

「お客様、担当者、環境 がともに喜びを分かち合える豊かな関係を築いていく」

それを理念として、

 

お客様に心からの喜びと健康、安心で豊かな生活を提供していきたいと思っています。

 

 

*ライブハウスの5つのこだわり もぜひご覧ください。

ライブハウス会社紹介

会社名
株式会社 ライブハウス
代表者名
代表取締役 小松 浩
所在地
〒240-0036
神奈川県横浜市保土ヶ谷区新桜ヶ丘1-16-26

TEL
045-442-7461
FAX
045-442-7469
メールアドレス

infom3@livehouse.co.jp

設立年月日
1997年6月5日
業務内容
注文住宅の設計・施工管理 新築(木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造) リフォーム
免許等

建設業許可 神奈川県知事 (般ー26)  第80466号

株式会社ライブハウス 一級建築士事務所

神奈川県知事登録 第16706号 

株式会社ライブハウス施工エリア 神奈川県

神奈川県

(川崎市・横浜市・鎌倉市・逗子市・葉山町・横須賀市・三浦市・藤沢市・大和市・綾瀬市・座間市・海老名市・寒川町・茅ケ崎市・相模原市・愛川町・厚木市・伊勢原市・平塚市・大磯町・清川村・秦野市・大井町・中井町・二宮町・山北町・松田町・開成町・南足柄郡・小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町)

 

東京都

(大田区・品川区・目黒区・港区・渋谷区・世田谷区・杉並区・練馬区・中野区・西東京市・武蔵野市・三鷹市・調布市・狛江市・稲城市・府中市・小金井市・小平市・国分寺市・国立市・日野市・多摩市・町田市・八王子市の一部)

 

千葉県の一部(木更津市・袖ヶ浦市・君津市・富津市など)

 

静岡県の一部(熱海市・伊東市・伊豆の国市・函南町・清水市・三島町・沼津市・裾野市・御殿場市など)

 

*上記のエリア以外はご相談させていただきます。 お気軽にご相談ください

トップへ戻る