HOMEスタッフブログスタッフブログ一覧 >猿田彦神社による 地鎮祭 泉区

猿田彦神社による 地鎮祭 泉区

ここ1週間ちょっと・・・すっかりブログがご無沙汰になってしまっていました すみません

 

このところ新築が完成したり、新たにリフォーム工事がスタートしたりと重なり・・・ ごめんなさい。

 

これから、ブログで少しづつ紹介していきたいと思っています。 楽しみにしていてくださいね

 

 

今日は1月末に行われた地鎮祭をご紹介します。

地鎮祭

ご夫婦の夢のマイホームを叶える為に探していた、お土地に去年出会い・・・

 

 

 

私たちの所へ相談しに来てくれました

 

 

家族の為にも健康住宅、自然素材の家にこだわり、無添加住宅を選んでくださいました。

 

 

さぁ・・・いよいよ夢の実現、第1歩です

猿田彦神社 地鎮祭

地鎮祭はその土地の神様を鎮め、土地を利用させていただく事の許しを得る儀式です

 

 

今日の地鎮祭は猿田彦神社に頼みました。

 

 

猿田彦大神は天照大神(太陽の神様)の孫が日本を治める為に降り立った時に道案内をし、国土の開拓を指導したそうです。

 

 

そのようなことからも土地に関わる地鎮祭を猿田彦神社にお願いする人が多いようです。

猿田彦神社の地鎮祭

地鎮祭は祭壇に海の物(昆布や鰹節など)山の物(野菜や果物など)を飾り、 神主さんが参列者とお供え物をお清めします。

 

 

いよいよ神様をお迎えする儀式が始まります。

 

 

四方祓い(半紙と麻を切った切麻)を四隅と中央にまきます

 

 

 

次にお施主様も緊張する地鎮の儀(鍬入れ式)が始まります 。

 

 

これはお施主と施工業者私達が初めてその土地に手を付けるという意味です。

 

 

敷地の永遠の安定と工事の無事安全を祈願します。

刈初 かりぞめ

刈初(かりぞめ)
その土地で初めて草を刈る

穿初(うがちぞめ)

穿初(うがちぞめ)
初めて土地をおこす

穿初(うがちぞめ)

穿初(うがちぞめ)
初めて土地をおこす
お子様も一緒に

土均(つちならし)

土均(つちならし)
初めて土地をならず

玉串

鍬入れ式が終わると、

 

 

全員が玉串を奉り、拝礼、祈願をしました。

 

 

最後にみんなで乾杯し 無事に地鎮祭が終わりました。

 

 

お施主様 おめでとうございます

 

 

 

これからの現場レポートお楽しみに

関連のスタッフブログを見る