HOMEスタッフブログスタッフブログ一覧 >横浜市南区 S様邸 地盤補強工事 鋼管杭工事(動画あり)

横浜市南区 S様邸 地盤補強工事 鋼管杭工事(動画あり)

横浜市南区 S様邸 地盤補強 杭工事

2018.12.26

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

横浜市南区の新築現場からです。

 

 

 

今日は地盤補強工事、杭工事についてお話です。



長いですが、ご興味のある方は是非最後までご覧ください。

 

 

 

読めないよという方は最後に動画でご説明していますのでそちらでご覧くださいね。39秒で見られますよ。

 

 

 

さて、本題です。杭工事や地盤補強工事については、最近では事前にある程度の予測が出来るようになっています。

 

 

計画地 周辺のデータで地層や地盤の強度がある程度わかります。

 

 

それにより、後から予算オーバーや計画変更をしなくても良いように、予測による地盤補強と予算がだせます。

地盤調査するところ 杭工事

 

 

 

まれに、地中障害(岩や水脈、井戸や防空壕)が有りますので、例外もあります。

 

 

 

地盤調査を計画建物の位置で(四方と中心)約5ヵ所以上測定します。

 

 

 

その調査結果により地盤補強が必要な場合は、どのような補強が、計画土地と建物また搬入路や施工内容に適しているか検討します。

 

 

そして敷地の状態により、色んな補強方法が有ります。

 

 

鋼管杭工事イメージ

 

3階建てまでの一般戸建て住宅では、杭工事と地盤改良が主な補強方法です。

 

 

今回は、地盤の強度が計画建物に対して少し弱かったのですが

 

 

敷地全体的に同じデータで3階建て、長方形の建物 施工制度、補強する支持層などを考慮し杭工事としました。

 

 

また、その杭は太い物を少ない量で打つ物ではなく、

 

 

細めの杭を沢山配置する鋼管杭工事を選びました。

 

 

全体を点ではなく線になるように配置するのです。

 

 

 

私達は、お施主様に安心して住んでいただけるように、

 

 

地盤調査会社 地盤改良工事会社 杭工事会社と打ち合わせし

 

 

最良の補強を検討し施工しています。

 

 

↑39秒で見られます。

関連のスタッフブログを見る