HOMEスタッフブログスタッフブログ一覧 >横浜市戸塚区 H様邸 リフォームとリノベーションの違いは?

横浜市戸塚区 H様邸 リフォームとリノベーションの違いは?

横浜市戸塚区 H様邸 解体前

 

2018.10.17


 

 

こんにちは。

 

 

 

横浜市戸塚区のH様邸、リノベーション現場からです。

 

 

 

こちらは、2階建て築40年です。

 

 

 

さて、あなたはリフォームとリノベーションの違いをご存知ですか?

 

★最近日本では耳触りがいいからか、リフォームやリノベーションという言葉を区別して使うことが増えた印象ですが、リフォームは和製英語で、海外ではどちらもリノベーションやリデコレーションなどというそうです。

海外では豪邸の意味で使われるマンションが日本では共同住宅の意味 など、海外と日本の単語の意味の使われ方に違いがあるんですね。

 

 

リフォームもリノベーションも同じ意味で使われていることもありますが、

違いはこのようなものです。 

 

◎リフォームは、

 

老朽化した建物を建築当初の状態に戻すこと。

マイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いが強い。

外装の塗り直し、水回り設備の交換、クロスの張り替えなど。

 

 

◎リノベーションは、

 

用途や機能を変更して性能を向上させ価値を高めるため、間取りの変更を伴うような大規模なもの。

プラスαで新たな機能や価値を向上させるという意味合いが強い。

独立キッチンをLDKに間取りを変更する、天井を取り払い小屋裏を見せ開放感を出す、など。

 

 

なので今回はリノべーションをすることになります。主に、 約40年前の主流の間取りであった、

 

 

来客重視型の独立応接間から、家族重視型でありながら 来客にも対応できる応接リビングへの間取りの変更、

 

 

それに伴うDKと和室のLDK化と、キッチンなどの水回りを新設するというものです。

 

 

 

まずは、解体が始まりました。



 

手作業で丁寧に解体していきます。

横浜市戸塚区 H様邸 リフォーム 解体

【解体前】2階洋室

横浜市戸塚区 H様邸 リフォーム 解体

【壁天井 解体後】小屋裏が見えました。

プランナー曰く、「築40年とは思えないくらいキレイな状態」だそう。

横浜市戸塚区 H様邸 リフォーム 解体

【解体前】応接間

横浜市戸塚区 H様邸 リフォーム 解体

【解体後】応接間と隣の和室との間仕切り壁、天井を取り払いました。

横浜市戸塚区 H様邸 リフォーム 解体

 

廃材がトラックいっぱいになりましたが、

 

 

 

 

まだまだ床など解体していきます

 

 

 

 

まだこれを見てもどんなお家になるか、想像できませんね。

 

 

 

 

私も楽しみに待ちたいと思います

 

あなたは誰とどんな暮らしがしたいですか、


リビング? キッチン? 趣味? 何を重視したいですか、


細かいことでも結構です。私たちにお聞かせください。


あなたにとって、効果的なリノベーションをご提案します。

 

 

ご相談、現場見学を随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせくださいね

関連のスタッフブログを見る