HOMEスタッフブログスタッフブログ一覧 >漆喰の話Ⅰ 【無添加住宅オリジナル漆喰】

漆喰の話Ⅰ 【無添加住宅オリジナル漆喰】

無添加住宅オリジナル漆喰

昔からある壁材、『漆喰』

 

 

 

最近 健康住宅、自然素材の建材として 『漆喰壁』 って注目されていますよね~

 

 

無添加住宅は外壁も内壁も漆喰です。

 

 

今から5千年も前のエジプトのピラミッドの壁に使われていたのが漆喰の起源です。
昔から使用されている漆喰壁にはちゃんと漆喰壁にする意味があるんですよ~

城 漆喰

矢に火をつけて攻めてきても燃えないように、漆喰の防火性能を利用して漆喰壁にしています

蔵

漆喰の防火性能調湿効果を利用して蔵は漆喰ですよね 耐久性も抜群です。 100年以上経ってる蔵や城ありますよね

酒造

漆喰はアルカリ性で人に有用な菌を活かす性質があるので酒造所や味噌蔵は漆喰壁にしています

ギリシャの漆喰

漆喰の反射効率の高い性能を利用し、陽射しの強いエーゲ海は室内の涼しさの為に漆喰なんですね

こう見ると、昔から漆喰の長所を生かした建物が当たり前にあるんですね~

 

漆喰の良さは歴史が証明してくれていますね

 

 

 

 

無添加住宅オリジナル漆喰の特徴

無添加住宅オリジナル漆喰は、良質で白度の高い高知県産の石灰岩を使用し、化学物質を使用せず、独自の改良を加えた、耐久性・安全性・意匠性に優れた漆喰です

漆喰耐火実験

防火性能

 

漆喰は防火性能があります。

燃やしても有害ガスを発生することはありません。

 

炭化コルクと漆喰を組み合わせて30分防火構造と45分準耐火構造の大臣認定も取得しています。

漆喰とビニールクロス

調湿性能・省エネ効果

 

調湿効果があるので梅雨時期はさらっとしていて快適です

 

夏の暑い時も湿度がないだけで過ごしやすいですよね~

 

無添加住宅オリジナル漆喰が夏季冷房におけるエアコンの消費電力量を削減する「省エネ性能」を実建物を使った測定実験で検証されました(左の実験結果参照)

 

そして下の実験結果でもわかるように、外壁の温度差を比較すると、漆喰は反射が高いので温度が低いですよね~

だから、夏も部屋の中が暑くなりにくいんですね~

無添加住宅 外壁温度実験

消臭効果・吸着性能

 

漆喰には消臭効果がありますので、トイレに芳香剤を置かなくてもいいんですよ~

 

そして下の図を見てわかる通り、シックハウスの原因と言われている化学物質を吸着し、分解します

無添加住宅オリジナル漆喰

インフルエンザ 漆喰

人に有用な菌を活かす

 

漆喰はアルカリ性で昔から酒造場や味噌蔵の壁に使われていたように人に有用な麹菌などを活かす作用があります。

 

なので、無添加住宅で熟成される味噌や生ハムは美味しいですよ~

 

そして写真の通り、実験で無添加住宅オリジナル漆喰がインフルエンザウイルスを99.9%不活化すると結果が出ました

 

 

壁を漆喰にすると、クロスのように数十年したら張り替えるということが必要ということはないので、経済的にもいいですよね~

 

こうみると、本当に漆喰ってすごいですね~

 

 

 

漆喰壁を体感してみたい方は是非ショールームにお越しくださいね

www.livehouse.co.jp/showroom-2

関連のスタッフブログを見る