構造材の話

今、新築現場で構造見学を行っています。

 

ご予約いただいているお客様、ありがとうございます 楽しみにしていてくださいね~

 

今日は構造材についてちょっとお話したいと思います

私達、ライブハウスは構造材は無垢材を使用しています 集成材は使いません。

土台・柱

土台や柱ははヒノキと杉材を使用します。

 

 

構造材

梁は松材を使用します。

 

 

構造材

無垢の木といっても木には種類が沢山あります

 

杉やヒノキなどは虫に強く丈夫と言われています。

それは木自身が虫やバクテリアといった外敵から身を守るために、殺菌殺虫効果のある天然の化学物質を出しているのです。

だから無添加住宅では土台や柱に使用します

 

逆に虫がつきやすい木は木自身が天然の化学物質を持っていないので人間にも優しい木です

そんな木は床材や梁など私たちが普段接する内装材に使います。

 

 

 

集成構造材

構造材として他メーカーさんや工務店で使われる集成材の構造材がこちら

 

薄い木材を接着剤で何層にも貼り合わせています。

新築したての頃は確かに強度が無垢材より大きいです。

 

でも、私達無添加住宅が懸念しているのは使われている接着剤。

接着剤は寿命がくると強度が低下します

そして、火事になって燃焼すると青酸ガスを発生します。

 

強度が低下するのは住宅ローンが払い終わるころ、建て替えなくてはいけない現状がこれなんですね

構造材

無添加住宅は接着剤の劣化による強度の低下と揮発する化学物質を避けるため合板は使っていません

なので上の写真を見てもわかる通り、野地板(屋根板)も無垢の杉板なんです。

 

こんな無添加住宅のこだわりを構造見学会というこの機会に是非ご覧くださいね~

まだまだあいています ご予約お待ちしています

 

無添加住宅で使う集成材は無添加住宅オリジナルの米のりで接着している集成材です。 

米のり集成材はまた後日ご紹介させていただきますね~

関連のスタッフブログを見る