HOMEスタッフブログスタッフブログ一覧 >現場リポート 横浜市磯子区

現場リポート 横浜市磯子区

無添加住宅 現場

今日は横浜市磯子区の新築現場のリポートです

 

 

こちらは真っ黒な外観の断熱材炭化コルクの上に

 

モルタル漆喰が塗られていました

 

 

無添加住宅のオリジナル漆喰は

 

施工場所によっては

 

同じ漆喰ですが塗り方、下地が違います。

 

壁構造

外壁は外断熱工法なので断熱材の炭化コルクが下地となり、

 

漆喰とモルタルを混ぜたモルタル漆喰を塗ります。

 

そして、モルタル漆喰を塗ってから1週間程度養生して

 

仕上げの漆喰を塗ります。

 

その仕上げの漆喰には柿渋を入れるので塗りたてはピンク色なんですよ~

モルタル漆喰

これがモルタル漆喰

モルタル漆喰

色はモルタルの色、灰色です。

 

 

 

さて・・・室内は、

 

室内も漆喰を塗る前の下地作りが進んでいます

 

天井は場所によって断熱材の炭化コルク(外壁と同じですね~)とラスボードと言って天井用の施工ボードです。

 

凹凸があるので漆喰が落ちてくることがありません

炭化コルク

2階の居室の天井はお施主様のご要望で暑さ、寒さ対策のために炭化コルクを貼っています。

この炭化コルクの上に漆喰を塗っていきます。

ラスボード

1階はラスボードで天井の下地を作っています。

みなさん、お盆休みですね~

 

また次回の現場リポートお楽しみに~

関連のスタッフブログを見る