HOMEスタッフブログスタッフブログ一覧 >あなたは数十年後も同じリフォームを繰り返したいですか?

あなたは数十年後も同じリフォームを繰り返したいですか?

リノベーション前

 

2018.10.19


 

 

こんにちは。

 

 

 

横浜市戸塚区のH様邸、リノベーション現場からです。

 

 

 

こちらは、2階建て築40年のリノベーション。

 

 

 

あなたがもし、このお家のように約40年前に新築でお家を建てたのなら、

 

 

 

今現在、キッチンなどの水回りの設備の老朽化内装の劣化家族構成年齢の変化による間取りの不便さなどが気になっていませんか。

 

 とは言え、

「まだまだ丈夫だし」

「解体してしまうのはもったいない」

「気に入って建てたから愛着があるし」

「予算も限られている」

 

 

 

そう思われるのも当然です、安い買い物ではありませんし、

 

 

 

なにより今現在も住んでいる 大切な我が家なんですから。

 

 

 

そして、新築が念頭にない前提で、何か対策をする必要がある状態なのであれば、行うのはリフォームか、リノベーションになるんじゃないでしょうか。



 

リフォームとリノベーションの違いは何かは、コチラの記事でご確認くださいね。

 

 

 

__________________________________________

 

そんなとき、例えばリフォームをするとして、あなたは、

 

 

 ① 劣化が気になり何十年か後にまた同じようなリフォームをする必要のあるものか、

 

 

 ② 自然素材の経年変化で味わいが増しリフォームする箇所の少なくなるものか、

 

 

 どちらをしたいですか?

 

__________________________________________

 

 

 

 

 

②と答えたあなた、無添加住宅の自然素材の建材にすることで、

 

 

施工直後がキレイさのピークで、徐々に劣化していき同じようなリフォームを繰り返す必要のあるものではなく、

 

 

これから一緒に育ち経年変化を楽しんで長く住めるリフォームが少ないものにすることができますよ。

 

 

 

 

 

40年前は新建材と言われる化学製品が全盛の時でしたので、



 

あなたのお家も当時の流行を取り入れた新建材を使ったお家ではないでしょうか。

 


 

例えば、そんな新建材の化学製品である室内のクロスは、接着剤の劣化により剥がれてきたり、破れたりし、補修は難しいものです。あなたもクロスの剥がれや静電気の黒ずみ、経験がおありだと思います。



 

しかし私たちのおススメする天然素材の漆喰は、汚れてきたら薄く削るか、上から薄めた漆喰を塗り重ねることで、補修できます

 

 

 

あなたもきっとご存知の通り、そうやって古くから日本でも何十年何百年お城など維持してきたわけですね。

 

 

 

そしてこちらも私たちのおススメする断熱材として使用する炭化コルク記事はコチラは、

 

 

 

自身の吸放湿作用により結露が発生しにくく炭化しているので腐りにくいなどの性質を持ち、

 

 

 

普及している断熱材のように中でカビが生えてきたり、解体時に発がん性物質になることのない安全なものです。

 

 

 

そんな無添加住宅の自然素材の建材にすることで、

 

 

 

施工直後がキレイさのピークで、徐々に劣化していき同じようなリフォームを繰り返す必要のあるものではなく、

 

 

 

これから一緒に育ち経年変化を楽しんで長く住めるリフォームが少ないものにすることができるのです。

 

漆喰壁

【漆喰】自分で削ったり、塗ったりして補修できます。つなぎ目もないのでクロスのようにめくれません。耐久性は何十年何百年レベル。

炭化コルク 断熱材 施工中 横浜市南区 A様邸

【炭化コルク】読んで字のごとく炭化したコルク9つの性質、効果があります。詳しくはこちらへ

 

では間取りの変更時の違いはどうでしょう。

 

 

 

あなたのお家が新築だった40年ほど前といえば、来客重視で応接間が単独の部屋、そして一番いい場所に作られているのが主流だったのではないでしょうか、

 

 

 

今もし家族重視、リビング重視の住まい方をされているなら、暮らし方に合わなくなってきていますね。

 

 

 

無添加住宅のお家は家族構成や暮らし方、年齢が変わった場合のリノベーション時も、



 

健康被害や、環境破壊を起こさない自然素材でできているので安心して工事していただけます。

 

 

 

__________________________________________

 

今回 解体中の戸塚区のお施主様は、そんな今まで暮らした大切なお家の外枠はそのままに、

 

 

来客重視型の独立応接間から、家族重視型でありながら 来客にも対応できる応接リビングへの間取り の変更、

 

 

それに伴うDKと和室のLDK化と、キッチンなどの水回り設備を入れ替え、自然素材への内装変え、

 

 

など、自然素材を活かした無添加住宅のリノベーションを選択されました。

 

__________________________________________

 

下記は弊社でリノベーションされた藤沢市 O様の事例です。

神奈川県藤沢市 O様邸 キッチン カウンター リノベ

以下は施工後のお客様の声です。

__________________________________________

 

今回のまとめ、これからリフォーム、またはリノベーションをお考えのあなたなら、

 

 

施工直後がキレイさのピークで、徐々に劣化していき同じようなリフォームを繰り返す必要のあるものか、

 

これから一緒に育って経年変化を楽しんで長く住める、リフォームが少ないものか、

 

どちらがいいですか?

 

 

 

経年変化を楽しんで長く住める、リフォームが少ないものとは、

 

自分で補修できる、腐りにくいなど、漆喰や炭化コルクなど自然素材の利点を活かしたものです。

 

 

例えば、漆喰は汚れてきたら薄く削るか、上から薄めた漆喰を塗り重ねることで 補修でき、耐久性は何十年何百年単位です。


炭化コルクは自身の吸放湿性により結露が発生しにくく、炭化しているので腐りにくい、などです。

 

そのほか、たくさんの自然素材の性能、効果を活かして建てるのが無添加住宅です。

 

 

 

そして、家族構成暮らし方年齢が変わった場合のリノベーション時も、



健康被害や、環境破壊を起こさない自然素材でできているので安心して工事することができます。

 

 

ということなのです。

 

 

 

あなたの暮らし方、あなたの現在のお家の状態に合わせて、最適なリノベーションをご提案いたします。

 

 

まずはあなたのお悩み理想のライフスタイルをお聞かせください。

ただいま、リノベーションの現場見学も随時行っています。

解体中や、施工中ですので、どんな感じで工事が進んでいるのか、あなたの目で確かめていただけますよ

 

関連のスタッフブログを見る