HOMEスタッフブログスタッフブログ一覧 >保土ヶ谷区新築現場レポート part1

保土ヶ谷区新築現場レポート part1

今日は保土ヶ谷区の新築現場のレポートです

 

木工事が終わり無添加住宅おなじみ漆喰の壁施工に左官屋さん。 そしてタイル屋さんが頑張ってくれています。

 

無添加住宅は外壁も内壁も漆喰なので左官屋さんは大活躍です。  現場によっては何か月もかかる場合や宿をとっての遠い所でもライブハウスの為に。と引き受けてくださる職人さんは私たちの宝です。

内壁は漆喰を塗る前に下地材を塗り、そして漆喰です。

外壁の漆喰は無添加住宅ならではの柿渋を入れます。
なのでこの写真のように塗り立てはピンク色なんです。
日数がたつと徐々にピンクが白に変わります。

柿渋は防腐・防カビ効果があります。

そしてタイル屋さん。

無添加住宅ではタイルの床や漆喰壁のアクセントに天然石をよく使います。

このお宅はキッチンの床にクールーフといって無添加住宅では屋根材としても使用している粘板岩です。 いい感じですよね~

石だから夏は冷たくて気持ち良いです 

冬は~?もちろん冷たいです。・・・が、ちゃんと床暖入れています石は蓄熱性が良いので一度温まるとずっと温かいですよね~ 

お施主様が、冬この床で岩盤浴しようかな~と冗談言っていました

タイル屋さんは石も貼ってくれるので外壁の石張りも。

ジュラシックウッドストーンです。木の化石なんですよ~。石によって黒っぽかったり、形も様々です。なのでその家ごとのオリジナルになりますかっこいいですね~

 

 

このお宅は室内にもふんだんに天然石を使っているのでまだまだタイル屋さんには頑張ってもらわないとです

次回は室内の天然石や漆喰の仕上がりなどなど・・・レポートしますね~

お楽しみに

関連のスタッフブログを見る